Menu

施設概要

Home

施設の理念  「ひとり立ちへの第一歩」"First Steps in Independence"

キリスト教精神にもとづいて、多様な福祉サービスが総合的に提供されるように努めます。

利用される方の意向が尊重され、「たいせつなあなた」らしく、健やかな日常生活が営まれるように努めます。

「母と子の新たな出会い」が生まれるように努めます。

                                標題の「ひとり立ちへの第一歩」は、創設者エーネ・パウラス師のことばです。

施設の基本方針

日本福音ルーテル教会のキリスト教精神にもとづいた運営をしています。

日本国憲法、社会福祉法、児童福祉法等の関連諸法令にもとづいた、民主的かつ公正な運営をしています。

利用児・者の人権を守り、一人ひとりの人格や個性を尊重した運営をしています。

概要

法人名称 社会福祉法人千葉ベタニヤホーム
法人設立年 1958年 4月8日
施設名称 国府台母子ホーム
施設設立年 1947年 4月22日
設立認可 1958年 7月3日
TEL/FAX 047-372-1473 / 047-372-1457
認可定員 30世帯

法人と国府台母子ホームの歩み

国府台母子ホームは、「日本福音ルーテル教会」によって創設され、同教会の支援を受け、その精神にもとづいて運営されています。
1931年(昭和6年)に、ルーテル教会宣教師、エーネ・パウラス師によって、虚弱児童養護所が国府台に開設されました。これが国府台母子ホームの礎となる事業でした。

第2次世界大戦中、パウラス師はアメリカに一時帰国しましたが、戦後間もなく再来日し、施設再建に着手しました。国府台の旧軍兵舎を転用し、1947年(昭和22年)4月より「階下を保育園、2階を母子世帯の住居と作業室」として社会事業が開始されました。また、そこで守られていた礼拝が母体となり、後に「日本福音ルーテル市川教会」が創設されました。

1958年(昭和33年)4月に、「社会福祉法人千葉ベタニヤホーム」の設立が認可され、同年7月には、「国府台母子ホーム」の設置が認可されました。また、1970年(昭和45年)3月には、建物改築工事が竣工するなど、施設・設備が次第に整えられ、利用者への福祉サービスも充実してまいりました。

その後、1992年(平成4年)4月より、「ニコニコ学童クラブ」と「ショートステイ」が開始され、地域住民の福祉ニーズにも応えられる施設づくりを目指して運営されています。
更に、2013年(平成25年)には、地域の児童・家庭の福祉向上を図ることを目的とし、「児童家庭支援センター・こうのだい」が開設されました。

国府台母子ホームでは、三つの中長期計画をたてています。
①地域における子ども・子育て支援の体制の整備
 国府台母子ホーム、児童家庭支援センター・こうのだい、ニコニコ学童クラブが連携し、地域支援のセンターとして、地域にお住まいの子ども・子育て家庭から、安心してご相談いただけるように、また、虐待防止活動等の地域貢献活動の体制を整備していきます。
②財政の安定化
 施設整備に伴う借入金の返済と平行し、大規模修繕に向けた資金の準備のためにも、継続した経費節減に取り組むと共に、寄付金を含めた収入の確保を目指します。
③人材育成
 スタッフの専門的支援のスキルのさらなる向上のために、研修体制を一層構築し、サービスの向上を目指します。

ご寄付のお願い

みなさまから、様々なご支援を賜りましてありがとうございます。
国府台母子ホームでは寄付金、物品の寄付もお受けしています。

【電化製品、衣服、文房具、玩具、食品】等

ご協力いただけるものがありましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
(品物によってはお断りさせていただくこともございますがご了承ください)
寄付金については社会福祉法人 千葉ベタニヤホームのホームページをご覧ください。

***お願いがございます***
中古品の場合、衣類は破れや汚れがないもの、なるべくクリーニング済みのもの、あるいはお洗濯後きれいに畳んだ物でお願いします。その他、物品は破損が無く使用可能な物でお願いいたします。